人事管理の課題ではシステムの選択

単なる勤怠管理で終わらせない必要

経理部で会計システムが使われるよう、人事部では人事管理システムなどが使われています。経理部での目的は、当初はただ仕訳を登録して帳簿を作成するだけでしたが、最近は経営管理目的、売上アップ目的に使われています。人事管理の課題として、人事管理システムの運用方法が挙げられます。主な使われ方は勤怠管理で、何時に出社して何時に帰社したのか、いつ遅刻をしていつ欠勤をしたかなどが数字で管理されていました。それらの数字をもとに給料でプラスマイナスするぐらいにしか使われていませんでした。勤怠管理は会社の業務としては重要ですが、それによってより良い人材を育成したり、配置したりなどの情報に役立つわけではありません。単なる勤怠管理システムの枠を超えた人事管理システムの利用が必要になっています。

制度とシステムをリンクさせる必要がある

人事管理を効率よく行う目的で、人事管理システムがシステム会社から発売されています。タレント管理と呼ばれるその人の実績や異動情報などを管理できるため、人事異動や配置転換などを効率的に行えるとされています。これまで何となく行われてきた人事管理を戦略的に行えるシステムとして注目されています。しかし、人事管理の課題が残されています。それは、人事制度と人事システムがうまくリンクされずに使われる状況でしょう。人事管理システムがいろいろなことが管理できても、制度上その情報が得られなかったり、評価する仕組みがなければ使い切れません。逆に制度はしっかりしているがそれに合ったシステムがないために運用できない状況もあります。導入会社とシステム会社がうまく連携しないとうまく使えないかもしれません。

システム導入で人事が変わるわけではない

ITシステムを開発している会社のホームページには、いろいろな業務を効率化してくれるシステムが並んでいます。経理や人事、生産などが効率化できるとされ、課題を抱えている会社であれば導入を検討するでしょう。人事管理に課題を持っている会社であれば、人事管理システムを導入すれば問題を解決できると考えるはずです。しかし、それが人事管理の課題になってしまう可能性があります。問題解決には問題の原因などを探る必要があり、その原因を解決する手段が必要です。その手段として人事管理システムがあるならうまく解決できる可能性があります。しかし、原因を考えずにただシステムを導入したとしても、単に手書きのデータがコンピュータに載せ替えられるだけで問題解決にはつながりません。まず問題点を把握し、それに合ったシステムの選定が必要になります。

ピックアップ記事一覧