人事管理の課題を解決していける仕組み作り

まずは個々の意見を反映しやすくする

働く環境は、仕事への意欲に直結していきます。人事管理の課題としては、才能のある人材をそこへと派遣することです。しかし、本人にとっては、それが嫌なこともあります。例えば、マイホームを購入直後であるとか、介護を必要としている家族がいるなど、個々の理由もあります。すると、仕事や挑戦することに、二の足を踏んでしまいます。また、それを頭ごなしに命令するだけでは、社員の心が会社から離れていってしまいます。そこで、個々の理由を尊重する方法を提示することも大切です。単身赴任になるかわりに手当てを厚くすることや、家族で転勤になるのなら、家族で暮らせる場所を用意することです。集中して、働ける環境を考えてくれていることがわかれば、それは強い信頼関係となります。

出産や子育てで人材を失わないように

女性が、男性と一緒に働くのも珍しくなくなりました。同じように、キャリア積み社会的地位を確立している女性も少なくありません。しかし、出産や子育てでという時期を迎えると、昔と同じように働くのは難しくなってしまいます。子育てで、よく問題になるのが、子供が熱を出した場合です。一般的な保育園では、熱がある時点で帰されてしまいます。すると、仕事をしている最中であっても、迎えにいかなくてはいけなくなります。場合によっては、そのまま仕事を休まなくてはいけなくなります。プロジェクトを抱えている状態で、責任者が度々いなくなると仕事を進めていくのも難しくなります。人事管理の課題としては、優秀な女性が、出産後や子育てをしながら働ける環境を提供しなくてはいけません。会社側にも、そういった施設を作ったり、提携するように打診していかなくてはいけません。

どちらの意見も尊重できるように

人事管理の課題としては、一方だけの意見を受け入れるだけでは、良い関係性とはいえません。働く側にも言いたいことがあれば、雇う側にも意見があります。一方だけの意見を押し付けても、うまく行くはずはありません。それぞれの譲れる最低限の線を模索して、うまくまとめていきます。中立に立てるようにします。どちら側の意見だけに積極的になるような人事部では、信用を得ることもできません。どちらにとっても、特になる落としどころを提供できるようにならなくてはいけません。それを実現させるには、会社の上司達などの権力にも負けないことが大切になってきます。

ピックアップ記事一覧