離職率を人事管理の課題としてどう下げるか

従業員が働きやすい就業規則かどうか

会社にはそれぞれ就業規則があります。就業規則は非常に重要で、もしないとしたら個々の従業員がばらばらに行動してしまいます。出社時間もバラバラ、働くのもバラバラになってしまいます。就業規則があれば、一つにまとめることができます。ただ、あまりまとめすぎると、それに合わない従業員が出てきて、離職率の増加につながる可能性があります。人事管理の課題として離職率の増加がありますが、下げるためには従業員が働きやすい就業規則作りが必要になります。その一つとしてフレックスタイム制の導入があります。通常の就業規則では出社時間や退社時間が固定されています。フレックスタイム制はその時間を流動的にしています。でも労働時間は一定に保つようにしています。朝早く働きたい人、余裕が欲しい人などいろいろな人が働きやすくなります。

社員に対する教育制度を充実させる

生まれてすぐ仕事をする人はいません。誰でも初めて仕事をするときがあります。早い人なら高校時代のアルバイトなどがあるでしょう。社会人になって初めて仕事をする人もいます。新入社員として入ってくる社員の過去の生き方は様々です。ただ、会社に入ってからは同じように仕事をしてもらう必要があり、できる人は評価され、できなければ評価されません。評価されないと会社に居づらくなり退職します。離職率の増加につながります。人事管理の課題に離職率の高さがありますが、下げるために教育制度の充実があります。仕事をしたくてもできない人に対して教育する仕組みが整っていれば、努力によって評価されるように頑張れます。ただ言葉で頑張れというだけでなく、会社の方が仕事ができる仕組みを与える必要があるかもしれません。

ITシステムを活用した仕事の管理

ジムの仕事では、コンピュータの利用は以前からありました。営業の仕事でも、書類の作成や一部の連絡などで使われています。ただ、営業の仕事の効率をアップするのは経験や勘が必要とされていました。営業職の人事管理の課題として、離職率の高さに困っている会社は多いとされます。経験と勘は教えることができず、会社としても採用に当たり外れがあると考える人もいました。そこで営業支援システムの導入を考えています。営業担当者は、新人は最初の方だけ上司が動向をしてくれますが、それ以外は一人で行動します。能力の低い人は、一人でどう行動してよいかわかりません。営業支援システムによって行動管理をすることで、経験や勘がなくてお営業活動ができるようになります。営業社員が充実するようになり、離職率も下げられます。

ピックアップ記事一覧