将来的な少子化に対応できるしくみ

先進国では、少子高齢化の問題がどの国でも起きています。日本でも問題になっていますが、ヨーロッパの先進国などでも起きています。どんどん進めば、会社の人員においてはどんどん従業員が少なくなる可能性があります。人事管理の課題として、いかにうまく人員を使っていくかがあります。まずは高齢者の対策で、定年を迎えた労働者の活用が考えられています。定年を迎えた人の全てが働きたいわけではなく、能力にも違いがあります。中には若い人に負けない能力を持っている人がいるので、その人たちを活用する取り組みが必要です。結婚や出産で退職をしようとする女性の活用も必要です。働きにくいからと辞める人たちがいますから、その人たちに働きやすい制度を作っていくようにします。減る可能性があるなら、減らさない仕組みが必要になります。

色々な業務が行える従業員の育成

従業員を採用するとき、一定の部署に配属をします。そしてそれ以降はその仕事を中心に行っていきます。事務部門なら事務を専門的に行うでしょうし、営業部門なら営業を中心に行います。ただ、会社によっては必要な人材が部署によって異なる場合があります。人事管理の課題として、部門間のバランスが取れないときの対応があるかもしれません。足りなければ補充すればよいようですが、一時的に足りないだけだと将来的に過剰になります。過剰になれば人件費アップにつながります。そこで、複数業務が行える人材の育成が考えられます。これによって、過剰な部署から不足している部署への配置転換などが行いやすくなります。すべての人員ではなくて、一部においてオールラウンドの人材を用意しておくと、人事管理がしやすくなります。

多彩な雇用契約による人材の確保

高度経済成長期は、売上がどんどん伸び、会社がどんどん大きくなりました。各社人材確保に困り、福利厚生などを充実させたといわれています。今の日本はすでに先進国の一つになり、必ずしもすべての会社で成長しているわけではありません。人事管理の課題としては、いかに最適な人員を確保しておくかがあります。少なくもなく、過剰でもない状態が必要になります。これまで正社員しか雇用していない会社であれば、多彩な雇用契約の労働者を活用する必要が出てくるかもしれません。パートやアルバイト、契約社員や派遣社員の活用を進めることで、正社員を多く持たずに人員を最適化できます。働く場所も会社に出勤をして働く以外に、自宅で働くことができるようにするなどすれば、よりいろいろな人材を確保できるようになるでしょう。

システム導入後のエクセル管理がなくなるよう、テクノロジーの力を使って解決に導きます。 今後も随時追加予定のAPIにより、仕事の効率が上がる様々なサービスと連携させることができます。 多数の応募で採用業務が追い付かなかったり、ミスが多発してお困りの人事担当者へおすすめです。 新卒採用・中途採用に対応している採用管理システムです。 人事管理の課題についての情報を知るならこちらを参考にしてください

ピックアップ記事一覧